2018年07月23日

No.109 SEVEN PREMIUM 「お酒にぴったり 豚ホルモン」



さてさて、今宵も缶詰です。
帰宅途中のコンビニで購入しました。


前回の「いか味付」で、でっかいイカの塊を簡単に噛み切れたことがとても嬉しかったと同時に、近頃の缶詰レベルの高さに感動してしまったのです。ということで今度は当分缶詰が続くかも。


今回購入したのはこちら!

豚ホルモン.jpg

SEVEN PREMIUM 「お酒にぴったり 豚ホルモン」です。
そう!「いか味付」のでっかいイカの塊を噛み切れたことで、今度はホルモンにチャレンジしてみようということになったわけです。

豚ホルモン2.jpg

帰宅後、いつものように一品足りない晩御飯のお供として活躍してもらいました。
早速御開帳!

豚ホルモン3.jpg

前回の「いか味付」と比べると確かにボリューム感はないです。ボリューム感どころかちょっと寂しい感じすらします。晩御飯が一品足りなくて寂しい感じなのに、一品増やしても寂しさがこみ上げてくるというのもちょっと悲しいです。


一切れ箸にとって、ご飯の上に乗せて口に運びます。
第一印象は「うまっ!」でした。最初に口に入れたときに、ホテイの「やきとり たれ味」のような印象もありましたが、段々と口の中に広がるピリ辛感が全くの別物であることを主張します。前回の「いか味付」とは違い、完全におつまみ系・酒のお供系の味ではありますが、マイルドながらピリッとした後味が残る「辛味噌味」がご飯をバンバン進ませます。


こんな小さな缶詰ですが、どんぶり茶碗大盛のご飯をペロッと食べさせてくれました。ホルモンなのにクチャクチャしない歯応えのある感触で、ホルモンというよりはレバーに近い噛み応えですね。簡単に噛み切れます。


これはあくまで私の感想ですが、焼肉屋で辛味噌味のホルモンを長めに焼いて、小さいサイズにしてクチャクチャ感を無くしてから食すよりも、こちらの缶詰を食べた方がよっぽど美味しいし、安上がりな気がします。


大手缶詰メーカーの物ではない、コンビニ缶詰なので購入の際には大きな期待はしていませんでしたが、いい意味で期待を裏切られました。願わくば、缶を開けたときの「寂しさ」だけ何とかしてほしいなぁと思います。わかりやすく言いましょう。値段そのままで内容量を増やしてほしい!


缶詰で10選を出したら、間違いなく上位にくる一品です。

posted by はぶさん at 00:00| Comment(0) | 缶詰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

No.108 マルハ 「いか味付」



こんばんは、ちょっと仕事が落ち着いてきたので、更新がんばります。
でも頑張ってたら駄目なんですよね。日記を書くように、自然に、ブログを更新することが日課であるかのような環境にしなくてはいけませんね。


そうなると、毎日何かを食してたり、購入してたりしないといけません。それはなかなか辛いですが、安いものを買い置きして、一つずつ紹介していくことなら何とかなりそうかな。


ということで、本日は缶詰です。
それも缶詰界では定番商品のこちら!

いか味付.jpg


マルハの「いか味付」です。
スーパー、コンビに等でお馴染みの赤い缶詰です。とはいえ、私はまだ食べたことがありませんでした。だって値段がそれなりですらね。1つ398円だったかな。

いか味付2.jpg


これを今回朝ご飯として、食しました。
土日の朝御飯は、今までカップ焼きそばを食すことが多かったですが、ちょっとだけ健康に気を遣って、缶詰に替えました。


では、早速御開帳!

いか味付3.jpg

缶詰のパッケージの写真にあるような、ごろっとした大きなイカが入っています。ボリューム的には文句なしですが、このデカいイカというのがちょっと怖かったですね。というのも私は、サクッと噛み切れるものでないとすぐに「オエッ」と吐き出してしまうんです。イカの丸焼きやスジが多いステーキ、ステーキの脂身、でっかいホルモンなど、なかなか噛み切れなくて、口の中で噛み続けていると必ず、吐き出してしまいます。「喉の奥(喉ちんこ)に指を突っ込んで、無理矢理吐き出す」感じといったらお分かりでしょうか?


ということもあって、イカはヒレや足の部分しか好んで食べない人間だったのです。
当然この缶詰も、まずはヒレから食しました。


味は濃厚でマイルドな甘さが高評価!しっかりと煮込んであり味もしみこんでいますが、歯応えもしっかりと残っていて最高です。次に心配ではありましたが、ごろっと大きいボディの部分を口に入れます。私は口が小さいのですが、一口で食べようとすると、口いっぱいに広がる大きさです。でもそれが、簡単に噛み切れてしまうのです。イカの食品に対する概念が変わりました。


味も歯応えも最高です。この「いか味付」はおつまみではありません。これは立派なご飯のおかずですね。これ一缶で、どんぶりご飯1杯は必ず完食できます。値段の高さから今まで敬遠してましたが、値段の高さに納得できたのとまた購入することになるだろうなぁということが実感できた一缶でした。



posted by はぶさん at 00:00| Comment(0) | 缶詰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

No.107 Vittoria ZAFFIRO PRO HOME TRAINER 23c



本日は焼きそばではなく、タイヤの紹介です。

タイヤ.jpg


現在は猛暑ですが、ちょっと前まで東海地方は長い長い梅雨模様でした。なかなか通勤で自転車が漕げず、その一方で気が狂ったようにカロリーの高い「カップ焼きそば」を食後に食べ続けている…。


おかげで、体重が増加してきてしまいました。
自転車に手を出してから、かれこれ12年が経ちましたが、今年初めて「サイクルトレーナー」というブツに手を出してしまったのです。


手に入れたのが、CycleOpsの「マグ アジャスターツキ」です。
サイクルトレーナーって高いんですよね。新品で購入しようと思ったら、安いクロスやMTBが買えてしまうんですよ。値段以外にも、種類やメーカーもたくさんあって購入にはずっと躊躇していたんです。


ところが、友人が「使わないし邪魔だから、持って行って」と無料でくれるかのような嬉しい発言をしてくれたんです。
嬉しくて嬉しくて、本音で感謝の意を伝えました。「ありがとう。すまんな、5年くらい借りるぞ」と。


その日(6月終わり)、早速持って帰り、雨がシトシトと降る中、カーポートの下で自分のマシンとともにセッティング。付属のクイックに換えて、ローラー部を後輪に当てて準備完了!。


ビンディングシューズに履き替え、自転車にまたいで踏み出そうとした瞬間、さっきの友人からTELが。
「いい忘れたけど、お前のロードってカーボンじゃないよな?」
私:「ああ、俺のはアルミだけど」
友:「だったらいい。カーボンだと折れるぞ。俺は保証があったから直せたけど。」
「後輪ががっちり固定されるから、シートステーにはすっごい負担かかるからな」
  「アルミでも激しく踏み込まないほうがいいかもな」
とも言っていました。


まぁ、カーボンではないので聞く耳は持たず、早速実走!
「ふ〜ん、そんなに負荷は強くないんだ」が第一印象。
まだ、雨の季節で気温も高くなく、シトシトと降る雨の音もあって20時頃でしたが騒音も気にならない感じでした。
以前サイクルトレーナー購入に躊躇していた際、Amazonのレビューを見て熱心に勉強していたのですが、騒音に関しては「戸建てでないと無理」「集合住宅やアパートでは間違っても夜は動かせない」等のレビューが多かったですからね。


しかし、30分ほど漕いで気持ちよい汗をかいて玄関から家に入ると、嫁が仁王立ち。おまけに顔も仁王。「うるさい!すごく響くんだよ、絶対隣は迷惑だって!リビングでTV見てても聞こえてくるんだからね!休日の昼間だけにして!」と休日の昼間は許してくれました。


そうなんです、イヤホンして音楽聞きながら漕いでましたからね。そんなに気にならなかったのも頷けます。
でも私は諦めません。雨降りの日にカーポートの下で、思いっきり漕ぐのが理想ですから。
ということで(前置きが長かった)、今回手に入れたのがこのタイヤです。

タイヤ2.jpg


サイクルトレーナーの騒音を抑える方法はないかと、他人のレビューを見ていると、「防振動マットをひく」以外には「専用タイヤを装備する」というものが多かったんです。そこで早速手に入れました。ついでに安いホイールと105のスプロケもセットでね。来月の小遣いも無くなりました。


早速実装し、実走!
「おおっ、ホントだ!」「一気に音が静かになった!」というのが第一印象です。
タイヤを触ったところ、耐久性もありそうな頑丈な作り。いい買い物でした。


現在は、カーポートから自分の部屋に移動して、部屋の中でTVを見ながら漕いでいます。
私の部屋は2階なのですが、夜中の2時に漕いでいると下の階で寝ている嫁が「響く」と文句を言いにくる程度の騒音になりました。「うるさい」と言われることはなくなったので、強く踏み込みさえしなければ、十分室内でも使えるレベルだと思います。


風呂に入る前の、ちょっとした時間で20kmほど走って、しっかり汗をかいてから風呂に入る!
気持ちいいですよ。寝る前のカップ焼きそばが美味しくなること間違いなしです。



posted by はぶさん at 00:00| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする